たかが携帯、されど携帯。携帯料金をしっかり支払うことが、キャッシング審査に影響します。

現在では国民全員がそれぞれ持っていると言ってもあながち間違いではない携帯電話。
携帯電話会社の手法で「2年縛りのかわりに、携帯代を安くする」という割引制度が使われているのはご存知のことかと思います。
実はこのキャンペーン、個人の信用に関わるって知ってましたか?

この制度では、買った携帯電話の端末代金を2年間に分割て、携帯{電話|]の利用代と一緒に支払を行う方法となっています。
「端末料金を{分割{払いする」ということは、結局ローンを利用しているのと同じなのです。
ですので、端末代の支払状況は信用情報として記載されてしまいます。
普段は利用代と共に支払いをしているために、信用情報に関与することを知らない方が多いのが現状です。

 
携帯端末代が含まれている状況で、
利用代金を遅延させてしまったら何が起こるのかおわかりでしょうか?
携帯の利用代に携帯端末料金が含まれている、と上で述べましたが、
延滞したときはクレジットカードやキャッシングの支払を延滞していることと同一なのです。
基本的には3ヵ月を越えて支払を行わないとと信用情報に記録されるとされており、
遅延の記録は5年もの間残ります。
信用が汚れてしまうとキャッシングやクレジットカードなど、
信用情報を用いるような審査はその間は審査落ちする可能性が非常に高いです。

なので、「{携帯電話の利用料金を延滞したとて、利用を止められるくらいでしょ?|たかが電話代を払わなかったぐらいで大げさな」
などと思わずに、ちゃんと支払をすることが、日常生活でできる審査に通るためのコツです。

プロミスカードローン審査のコツや口コミ・評判や年率、審査時間やその流れ、即日発行などのメリット・デメリットを解説。

CORESV 相互リンクSEO-P-Link ver3.5Darkkhaki 相互リンクSeo-P-Link ver3.4Seo-P-link ディレクトリ